【2022年4月1日~】18歳で10年パスポートを申請できるようになり、重国籍者の国籍選択期限が22歳→20歳になりました。詳しくはこちら

【2022年】NordVPN自動更新停止方法、解約方法、更新方法

NordVPNの自動更新停止方法、サブスクリプション解約方法、自動更新有効化の方法、更新方法

こんにちは!ドイツでVPNを愛用しているKokoです。

私は、勝手に契約が更新されてしまう「自動更新」というものがどうも苦手です。

Koko

あるサブスクリプションで、契約更新を迷っている時に(契約期間終了前なのに)翌年分の料金がすでに引き落とされていたという苦い経験があります。
この時は交渉してなんとか返金してもらえたのですが、手間と時間がかかりました...

ですので、私は可能な限り、サブスクリプション契約後すぐに自動更新機能を無効にするようにしています。

特にVPNは長期で契約すると料金がお得になるので、NordVPN(ノードVPN)については1年または2年プランを契約される方が多いと思いますが...

1年後、2年後の時点で検討した上で契約更新したいと思いませんか?

というわけで、本記事では、

私自身やり方を見つけるのに手間取った

NordVPNの自動更新を停止する方法

=今契約中の「1年プラン」「2年プラン」の契約期間が終了する時点でとりあえず解約しておく方法

を解説します。

Koko

見つけるのが大変だっただけで、やり方さえ分かれば自動更新の解除は1分でできます!

また、記事の最後で、次の内容についても解説しています。

NordVPNの自動更新設定の確認方法

=自分が自動更新を停止したかどうか覚えていない人、ちゃんと自動更新が停止されているかどうか不安な人のための、自動更新設定を確認する方法

NordVPNの自動更新を有効にする方法

= 今契約中の「1年プラン」「2年プラン」の契約を更新する方法

Koko

更新方法だけに興味がある方は目次から飛んでくださいね。

  • 本記事では、NordVPN公式サイトから申し込んだ場合自動更新停止・解約・更新方法について解説しています。(iTunes/App Store経由で申し込んだ場合の方法については解説していません。
  • 本記事では、NordVPN申込後30日以内に解約し、返金を求める方法を解説していません。
クリックできる目次

そもそもNordVPNの自動更新 (=解約) の仕組みはどうなっている?

NordVPNには、3つの契約プランがあります。

  • 2年プラン
  • 1年プラン
  • 1ヶ月プラン
NordVPNの料金プランは、2年プラン、1年プラン、一ヶ月プランの3種類

1ヶ月プランは割高なので、ほとんどの方は1年プランまたは2年プランを申し込んでおられるのではないでしょうか。

1年プランを申し込んだ場合は、申込時に1年分の料金を一括で支払い、2年プランを申し込んだ場合は、申込時に2年分の料金を一括で支払うというシステムです。(例えば1年プランを申し込んだら、「ひと月あたりの料金4.92ドルを1年間毎月払い続ける」というシステムではありません。)

NordVPNは、公式サイトから申し込んだ場合は、いずれのプランについても申込後30日以内に解約を申し出た場合については全額返金を保証しています。(ただ、サイトからボタン一つクリックして簡単に返金は求めることはできず、メールやライブチャットで返金を求める必要があります。)

ですが、いったん返金保証期間の30日を過ぎてしまったら、2ヶ月目に解約しようと、申込時に一括で支払った1年分または2年分の料金は一切返金されません。

(公式サイトからの申込ではなく、iTunes/App Store経由で申し込んだ場合は返金ルールが異なります。)

注意しないといけないのが、

NordVPNの申込後、自ら手続きをしなければ、初期設定では自動更新が有効になっている

ということです。

つまり、1年プランを申し込んでいたら1年後に自動的に次の1年プランの料金が請求され、2年プランを申し込んでいたら2年後に自動的に次の2年プランの料金が請求されるという仕組みになっています。

契約更新を迷っているうちにいつの間にか契約が更新されていて、また1年分支払うはめになってしまった!

なんてことにならないように、NordVPNの申込終了後すぐに、自動更新を停止(無効化)しておくことをおすすめします。

NordVPNの自動更新を停止する = 現在の契約期間が終わった時点でNordVPNを解約する、ということ。

いつ自動更新の停止手続きを行っても、現在の契約期間が終わるまでの期間(料金支払い済の期間)についてはNordVPNを使い続けることができますのでご安心ください。

いったん自動更新を停止しても、再度有効にするのはとても簡単です。

(記事の最後の方で、いったん自動更新を停止した後に再度有効にする方法についても解説しています。)

NordVPNの自動更新を停止する方法 (=サブスクリプションの解約方法)

NordVPNの自動更新の停止、サブスクリプションの解約は、アプリ(PC、スマホ)からはできません。

PC、スマホ、いずれの場合も、ブラウザ(Google ChromeやSafariなど)で NordVPNの公式サイトにアクセスして行います。

大まかな手順は次の通り。

  1. NordVPNのアカウントにログイン。
  2. 「アカウント概要」ページで自動更新が有効になっていることを確認。
  3. 「請求」ページで自動更新を停止。
  4. 受信メールで自動更新が停止されたことを確認。

それでは、詳しくみていきましょう。

【手順1】NordVPNのアカウントにログイン

NordVPNの公式サイトにアクセスし、トップページ右上にある「ログイン」をクリックします。

NordVPN日本公式サイトトップページのログインボタンの場所

ログイン画面パスワード入力画面が表示されます。

NordVPNで使用しているメールアドレスを入力後 [続行] をクリックし、パスワードを入力し [ログイン] をクリックします。

【手順2】「アカウント概要」ページで自動更新が有効であることを確認

ログインに成功すると、次の「アカウント概要」ページが表示されます。

NordVPNアカウントログイン後、自動更新が有効になっていることを確認する方法

「ご利用のサービス」「NordVPN アクティブ化」の下に、

次回のお支払い日:202*年**月**日

と表示されている場合は、自動更新が有効になっているということです(年月日部分が「3月20, 2022」のように表示されているかもしれませんが、それは問題ありません ← NordVPNは海外の会社なのでたまに翻訳が不自然な時があります...)。

もしここに「次回のお支払い日」ではなく「有効期限」と表示されている場合は、自動更新が停止されているということです。

ここに「次回のお支払い日」と表示されているまま(自動更新が有効になっている状態で)何もしなければ、ここに表示されている支払年月日に、現在1年プランを契約している人は次の1年分の料金が請求され、現在2年プランを契約している人は次の2年分の料金が請求されます。

【手順3】「請求」ページで自動更新を停止

それでは、自動更新機能を無効にしましょう。

手順は次の通り。

  1. 左のメニューの「請求」(画像中)をクリック。
  2. 「サブスクリプション」(画像中)をクリック。
  3. 契約プランの右下にある青色ボタン [プランを変更] の右側にある、縦に3つ並んだ小さな黒い点(画像中)をクリック。
  4. ポップアップ表示された「自動更新をキャンセルする」(画像中)をクリック。
  5. 表示された確認メッセージで「自動更新をキャンセルする」をクリック。
NordVPNの自動更新の停止(解約)は「請求」の「サブスクリプション」ページで行う
Koko

こんなところに自動更新キャンセルボタンが隠れていたなんて!
分かりにくいですよね...

ポップアップ表示された「自動更新をキャンセルする」(上の画像中) をクリックすると、「自動更新を有効にしておくことの利点」という確認メッセージが表示されるので [自動更新をキャンセルする] をクリックします。

NordVPN自動更新停止手続きの際に表示される「自動更新を有効にしておくことの利点」という確認メッセージ

最後に、次の画面が表示されたら自動更新停止手続き完了です。(これで、現在のサブスクリプションは、契約期間終了時点で解約された状態になりました。)

NordVPNの自動更新停止手続きが無事完了したことを示す画面

【手順4】念のため受信メールで自動更新が停止されたことを確認

自動更新の停止がうまくできていれば、NordVPNから 「Auto renewal canceled」という件名の、次のメール(自動更新停止手続き完了のメール)が届いています。念のため確認しておきましょう。

NordVPNからの自動更新停止(解約)手続き完了お知らせメール

NordVPNの自動更新が解除されていることを確認する方法

  • 自分が自動更新を停止したかどうか覚えていない人
  • おそらく自動更新を停止したはずだけど念のため確認したい人

は、次の手順で確認できます。

  1. NordVPNのアカウントにログイン。
  2. 左のメニューの「請求」(画像中)をクリック。
  3. 「サブスクリプション」(画像中)をクリック。
  4. 契約プランの自動更新が停止状態になっていることを確認。
    1. 上部の赤枠内に「NordVPNサブスクリプションの自動更新が無効になっています。」というメッセージが表示されている。
    2. 契約プランの「状況」が「キャンセル」になっている。
    3. 契約プランの下に「このサブスクリプションの自動更新はオフになりました。」というメッセージが表示されている。
念のため、NordVPNのアカウント画面で、自動更新が無効化されていることを確認しよう

自動更新停止後、たまにNordVPNから、思い出したように「Enable automatic renewal」(自動更新を有効にしましょう)という件名のメールが送られてきます。 英語のメールなのですが、このメール本文中の青色ボタン「Enable Auto-Renewal」をクリックしてしまうと、せっかく停止した自動更新が有効化されてしまいますので注意してくださいね。

NordVPNからの自動更新有効化についてのリマインドメール

NordVPNの自動更新を有効にする方法 (=サブスクリプションの更新方法)

自動更新は嫌だから、とりあえず無効にしておいた。
間もなく契約期間が終了するんだけど、NordVPN気に入っててこれからも使い続けたいから、更新したいな。

という場合。

いったんNordVPNの自動更新を無効にした後、再度自動更新を有効にする(つまり、「解約」を取り消して、現在の契約期間が終了したら自動的に更新されるようにする)のはとても簡単です。

NordVPNの自動更新を有効にする方法(サブスクリプションの更新方法)

手順は以下の通り。

  1. NordVPNのアカウントにログイン。
  2. 左のメニューの「請求」(画像中)をクリック。
  3. 「サブスクリプション」(画像中)をクリック。
  4. 契約プランの右下にある青色ボタン [自動更新を有効にする](画像中)をクリックし自動更新を有効にする。(クレジットカードの有効期限が切れている場合など、現在登録している支払情報が有効でない場合、支払情報を登録するよう求められます。)

※ 現在のプランが終了する前に [プランを変更] ボタン( [自動更新を有効にする] ボタンの左)をクリックして次の契約のプラン内容を変更できます(例えば、1年プラン → 2年プランに変更する、など)。現在のプラン終了前に新しいプランを購入した場合、現在のプランの利用日数が失われることはありません。(例えば、現在の1年プラン終了前に新たに2年プランを購入した場合、1年プランが終了した時点で2年プランが開始されます。)

自動更新が有効になったら、「請求」ページの「サブスクリプション」画面は下の画像のような表示に変わります。

契約プランの

  • 有効期限」→「次回のお支払い」に変わります。
  • 「状況」キャンセル」→「アクティブ化になります。
NordVPNの自動更新が有効化されている状態のアカウント画面
Koko

更新後のプラン料金が変更になる場合は、前もってNordVPNから連絡がきます。

最後に

無事、自動更新を停止(解約)できましたか?うまく隠されている(笑)自動更新停止ボタンさえ見つかれば簡単です。

自動更新を有効にする手続きはもっと簡単です。1年後、2年後、引き続きNordVPNを利用したいと思われたら、その時に、上の方法で自動更新を有効に戻してみてください。

シェアしていただけると励みになります!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次