【2022年4月1日~】18歳で10年パスポートを申請できるようになり、重国籍者の国籍選択期限が22歳→20歳になりました。詳しくはこちら

知らなきゃ損! 教科書代無料で教科書を海外発送してもらう方法(教科書追加送付申請)

大使館・総領事館での教科書無償配布申込期間に申込できなかった場合の教科書入手方法

こんにちは!ドイツ在住のKokoです。

海外に住んでいても、日本国籍をもつ小学1年生~中学3年生(日本での学年が基準)のお子さんは、無料で日本の教科書を入手できるということはご存じでしょうか?

え?知らない!という方はまずこちら

お住まいの地域を管轄する大使館・総領事館で、教科書配布時期(=日本の学校での教科書使用開始時期)の約半年前に申し込んでおけば、配布時期になったら、申し込んでおいた大使館・総領事館で教科書を受け取ることができます。

別記事に、教科書を無料でもらうための条件、申込・受領方法や時期などについてまとめていますので、日本政府による海外在住のお子さんへの教科書無償配布の仕組みを知りたい方は、まずこちらの記事をお読みください。

海外でお子さんの日本語教育をがんばっている日本人にとって、とてもありがたいこの制度。

ひとつ問題があります。

それは、教科書配布時期(=日本の学校での使用開始時期)の5~6か月前に大使館・総領事館で申込をしておかなければならない、ということです。

申込から受領までのスパンがとても長いので、以下のようなケースがあり得ます。

半年前にはまだこの国に住んでいなかったから、今の住所を管轄している総領事館には教科書申し込んでないよ...

日本出国前に「海外子女教育振興財団」で海外で使う教科書の無償配布が受けられるのを知らないで、教科書を受け取らずに海外に来てしまった。
これから子供を日本語補習校(日本人学校)に通わせたいが、海外で配布されている教科書が必要になった。
(どうやら日本で使っていた教科書は出版社が違うようだ。)

ただ単に、

「教科書が無料でもらえるシステムがあることを知らなくて、申し込んでいなかった。」(←お子さんが幼稚園年長の場合に多い)

「教科書を申し込むつもりだったのに、うっかりしてて申込受付期間が終わってしまっていた。」

という人もいるでしょう。

そんな場合に、

日本の教科書販売会社などを通じて、教科書代も送料もすべて自己負担で日本から教科書を海外発送してもらっている

という方はおられませんか?

Koko

ちょっと待ってください!
送料は自己負担になりますが、大使館・総領事館での申込時期を過ぎても、教科書代無料で入手できる方法があるんです!

本記事では、

大使館・総領事館での教科書無償配布申込受付期間が終わってしまっている場合に、どのような手続きをしたら教科書代無料で(送料・梱包手数料だけ払って)入手することができるのか

についてご紹介します。

ちなみに、本記事でご紹介する方法は、

  • お子さんが日本国籍を持っていない場合
  • お子さんの日本の学年とは異なる学年の教科書がほしい場合

にはご利用いただけませんので、最初に申し上げておきます。

※お子さんが日本国籍を持っていない場合や、お子さんの日本の学年とは異なる学年の教科書がほしい場合は、日本の教科書販売取扱会社や書店を通じて入手できます。

クリックできる目次

まずはダメ元で、大使館・総領事館、日本人学校・日本語補習校に、余っている教科書がないか聞いてみよう

まずは、管轄の大使館・総領事館に、教科書申込のキャンセルなどが出て余っている教科書がないかどうか聞いてみましょう。

もし、お子さんが日本人学校や日本語補習校に通われる予定なら、学校に尋ねてみると、教科書が余っていてもらえる場合があります。

Koko

実際に私は、ドイツに引っ越して来た時、長男も次男も日本語補習校で余っていた教科書をいただくことができました!

教科書の申込はしていたけれど、配布時期前に日本に帰国、あるいは、他国へ引っ越すなどして、教科書が不要になった人がいた場合、申込がキャンセルされ教科書が余っている場合があります。

それがダメなら「教科書の追加送付申請」をし、海外または日本の実家などに教科書を送ってもらおう

大使館・総領事館を通じて「教科書追加送付申請」をしよう

残念ながら、どこに尋ねても余っている教科書がないようでしたら、

  • 管轄の大使館・総領事館を通じて
  • 日本の「海外子女教育振興財団」宛に

教科書の追加送付申請ができます。

Koko

この方法は、管轄の大使館・総領事館のホームページには載っていないかもしれません。
でも、どこの大使館・総領事館でも手続き可能ですので、直接問い合わせてみてください!

教科書追加送付申請の注意点は、管轄の大使館・総領事館を通じて申請するということです。

管轄の大使館・総領事館宛に在留届を出していることが前提となります。

「在留届って何?」「在留届ってどうやって出すの?」と思われた方は以下の記事をお読みください。

日本出国前に教科書無償配布を受けようとする場合は、直接「海外子女教育振興財団」に申請できます。

ですが、すでに海外に住んでいる場合は、(「教科書追加送付申請書」の宛先は日本の「海外子女教育振興財団」となっているのですが、)管轄の大使館・総領事館を通じて「教科書追加送付申請書」を提出しないといけませんので、注意しましょう。

Koko

時々、日本の「海外子女教育振興財団」に直接「教科書追加送付申請書」を送る人がいるようですが、申請を受け付けてもらえません!

いったん「教科書追加送付申請書」を大使館・総領事館に提出し受理された後は、教科書の申込者と日本の「海外子女教育振興財団」が直接メールでやり取りすることになります(まず、財団から教科書の申込者に対して、希望送付先までの送料・手数料の見積もりなどを案内するメールが送られてきます)。

教科書の「通常申請」と「追加送付申請」の違いは?

大使館・総領事館での教科書無償配布申込受付時期に教科書を申し込む「通常申請」

大使館・総領事館での「通常申請」申込受付時期を過ぎてから行う「教科書追加送付申請」

何が違うのでしょうか?

どちらの方法で申請しても、教科書そのものは無料です。(どちらの方法も、日本国籍をお持ちのお子様のみ対象です。)

一番大きな違いは、「通常申請」の場合は教科書代も送料もかかりませんが、「教科書追加送付申請」の場合は、日本の「海外子女教育振興財団」から申請者が教科書を直接入手することになるため、日本から在住国までの送料、または、日本国内の指定先住所(例えば実家など)までの送料が自己負担になるということです(別途、梱包手数料もかかります)。

詳しくは、以下の表をご覧ください。

「通常申請」の場合

申請時期決まっている(前期用・通年用教科書は前年度の9月頃。後期用教科書は3~4月頃)
※締切日を過ぎたら申込不可。
申請書提出先管轄の大使館・総領事館
申請書入手先管轄の大使館・総領事館の窓口で入手、または、HPからダウンロード
(各大使館・総領事館によってまったく形式が違うので注意)
申請書提出後の
問い合わせ先
管轄の大使館・総領事館
教科書代無料
教科書受領方法管轄の大使館・総領事館の窓口、または、郵送受領(郵送方法は各公館によって異なるので指示に従う)
教科書の送料、梱包手数料無料
※郵送受領の場合の、大使館・総領事館から自宅への送料は自己負担
申請できる教科書の種類日本の該当学年の教科書のみ。
希望する科目の教科書だけの申請はできない(ワンセット申請しないといけない)。

「教科書追加送付申請」の場合

申請時期申請する教科書が「配布終了」とならない限り、いつでも申請可。
※前期用教科書は通常9月1日頃に配布終了。
※通年用・後期用教科書は通常2月22日頃に配布終了(次年度も引き続き使用する教科書は、引き続き申込可)。
申請書提出先管轄の大使館・総領事館を通じて日本の「海外子女教育振興財団」へ
申請書入手先管轄の大使館・総領事館の窓口で入手(または、HPからダウンロード)
(HPに掲載されていない場合、申請書をメールで送ってもらいましょう。)
申請書提出後の
問い合わせ先
日本の海外子女教育振興財団
教科書代無料
教科書受領方法以下の①~③のうち、希望の受領方法を選択。
日本の「海外子女教育振興財団」から海外の指定先住所(自宅など)へ郵送
日本の「海外子女教育振興財団」から日本国内の指定先住所(実家など)へ郵送
日本の「海外子女教育振興財団」の窓口(東京事務所または関西分室)で受け取り(現在、コロナの影響で窓口での配布はなくなっています)
教科書の送料、梱包手数料上記①または②の受領方法を選択した場合、送料及び梱包手数料は自己負担。
※送料、梱包手数料は、地域や重量によって異なるため、申請書提出後、「海外子女教育振興財団」から申請者に直接見積もりメールが送られてきます。
上記③の場合は無料。
支払方法クレジットカード(VisaまたはMastercard)、または、銀行振込
申請できる教科書の種類日本の該当学年の教科書のみ。
希望する科目の教科書だけ申請可(例えば、国語と算数の教科書のみ、などと指定できる)。

私は一度「教科書追加送付申請」をし、日本の「海外子女教育振興財団」からカナダの自宅まで前期用・通年用教科書ワンセットを郵送してもらったことがあります。

教科書自体は無料だったものの、送料・梱包手数料が5千円以上かかりました!(確かEMSで届いたと記憶。)

Koko

今思うと、ワンセット全部申し込みせず、日本語補習校で使用する教科書だけ申し込めば送料を抑えることができたな~と思います。

学年にもよりますが、前期用・通年用教科書ワンセットは重いんですよね...

【ご参考】2022年前期用・通年用教科書の冊数と重量

日本の学年冊数合計重量
小学1年生8冊1,811g
小学2年生5冊1,091g
小学3年生10冊2,650g
小学4年生7冊2,005g
小学5年生12冊3,258g
小学6年生9冊2,984g
中学1年生15冊6,816g
中学2年生9冊3,360g
中学3年生6冊3,025g
出典:在フランス日本国大使館「令和4年度【前期】教科書配布の御案内(小学生及び中学生)」

もしお急ぎでないようでしたら、日本国内の住所(実家など)に送ってもらっておいて(←送料・梱包手数料は日本国内への配送だと大分安くなります。2022年4月申込受付分より一家族で一律1800円)、日本一時帰国時に在住国に持ち帰る(または、日本の家族が在住国に遊びに来るときに持ってきてもらう)と送料を節約できますね。

「教科書追加送付申請書」の記入例、記入上の注意

例えば、令和4年度(2022年4月~2023年3月)の教科書の追加申請をするのであれば、

「海外子女教育振興財団」作成の「令和4年度 海外子女用教科書の出版社一覧表」

を見て、まず、どの教科書の追加送付を申請するのか決めます。

「教科書追加送付申請書」は、管轄の大使館・総領事館のホームページからダウンロードしましょう。

ホームページにない場合は、大使館・総領事館の窓口で入手するか、または、メールで申請書を送ってもらいましょう。

「教科書追加送付申請書」の記入例(海外の自宅まで送付してもらう場合)を作成してみましたので、よろしければお役立てください。(記入例は、令和3年度版(2021年度版)の教科書を申し込むものとして作成していますのでご注意ください。)

教科書追加送付申請書の記入例
Koko

申請書右下の署名を忘れると受け付けてもらえないので、気を付けてくださいね。

記入の仕方で迷うのは、「必要な学年・年度・教科・上下巻・冊数」の項目です。

ここは、正直、とてもわかりにくいので、小学5年生の教科書を追加申請すると仮定して説明しますね。

「必要な学年・年度・教科上下巻・冊数」は、次の3パターンから選ぶことができます。

  1. 【全一式希望】該当学年(小学5年生)で配布する教科書一式(令和3年度版 前期用)
  2. 【全一式希望】該当学年(小学5年生)で配布する教科書一式(複数年使用する教科書を含む)(令和3年度版 前期用)
  3. 【一式希望ではない】小学5年生 令和3年度版 〇〇〇、△△△、◎◎◎ 各1冊

①と②の違いは、以下の通り。

  • ①は、その学年で配布される教科書ワンセットをすべて希望する場合
  • ②は、その学年で配布される教科書ワンセットに加え、前年度から継続して使用する教科書「令和4年度 海外子女用教科書の出版社一覧表」にて前年度から青色の矢印で示されている教科書)も希望する場合

つまり、小学5年生の場合、②に〇印を入れると、小学5年生の教科書ワンセットに加え、小学3年生で配布されている「地図」の教科書の配布も希望するということになります。小学3年生または4年生で「地図」の配布をすでに受けている場合、ここで②に〇印を付けると、同じ教科書の配布を二度受けることになる(その分送料が高くなってしまう)ので注意しましょう。

③は、特定の科目の教科書だけがほしい場合(例えば、日本語補習校では、国語と算数の教科書しか使わないからその2冊だけほしいという場合など)や、送料を安くしたい場合に便利な選択肢です。

「通常申請」でも「教科書追加送付申請」でも、本来の日本の学年とは違う学年の教科書は申し込めません。

最後に

海外に住む日本人のお子さんでも、条件を満たしていれば受けられる日本の教科書の無償配布。

本記事では、大使館・総領事館を通じて通常の申込時期に申し込むことができなかった場合、教科書代無料で、送料・梱包手数料のみを負担し、海外発送(または、日本の実家など日本国内の住所に発送)してもらう方法をご紹介しました。

「海外子女教育振興財団」宛に「教科書追加送付申請」を行う場合ですが、コロナが終われば、「海外子女教育振興財団」の窓口(東京・大阪)に直接出向いて教科書を受領する方法(日本の家族が代理で受領可)が再開されるかもしれません。窓口受領だと送料・梱包手数料が一切かかりませんので、日本のご家族が東京・大阪にお住まいの方は検討されてもよいでしょう。

シェアしていただけると励みになります!
  • URLをコピーしました!
クリックできる目次